アンゴル=モアでSTABO索具

«前の日記(2008.08.15) 最新 次の日記(2008.08.17)» 編集

2008.08.16

+ UbuntuとS11HTのBT-DUN成功

Ubuntu8.04とS11HTで、Bluetooth DUNを使ったEMOBILE接続が確認できた。

マシンはThinkPad X61。使ったBluetoothのUSBアダプタはPrincetonのPTM-UBT3S。これは挿しただけで認識したので、モジュール読み込みなどデバイス利用についての詳細は省略。

1. S11HTでのBT-DUN利用準備

デフォルトでBT-DUNは利用できないので、別途DUN用cabファイルを入れる(WM6_BT_DUN.cab)。

xda-developers - View Single Post - TOMTOM GO and WM6 (DUN)

このあと、接続時に追加の初期化ATコマンドをS11HTから送るためにレジストリ変更する。ここは、本当に必要なのか自分で確認しないまま変更してしまった。「あんちぇいん - どうやらS11HTをモデムに出来たような気がする」を参考に、配布されているレジストリ設定を使った。

あと参考にしたのは次のサイト。

EeePCからS11HTへBT-DUN|世界手机城

2. UbuntuでのBT-DUN利用準備

2.1. ペアリング

S11HTで、Comm Managerの詳細設定-Bluetoothから「新しいデバイスの追加」でUbuntuマシンを追加する。途中、PIN入力のところで、Ubuntu側のBluetoothマネージャでも入力を求められる。

ここではS11HT側から接続したが、ペアリングできればよいのでUbuntu側からの接続でも問題ないと思う。

hcitoolでS11HTのアドレス確認、l2pingで接続確認。

$ hcitool scan
$ sudo l2ping <bdaddr>
2.2. rfcomm準備

/etc/bluetooth/rfcomm.confにrfcomm0の設定を追加する。

まずDUNの接続チャンネルを確認する。先に調べたS11HTのアドレスを使う。

$ sdptool search --bdaddr <bdaddr> DUN

ここでDUNの情報が出てくれば、S11HTのcabインストールができているということでもある。

rfcomm.conf修正。

rfcomm0 {
        bind yes;
        device <bdaddr>;
        channel <channel番号>;
        comment "コメント";
}
$ sudo /etc/init.d/bluetooth restart

/dev/rfcomm0ができていることを確認。

2.3. ppp準備

pppconfigでppp接続準備。

$ sudo pppconfig

対話式で設定できる。接続の作成から、プロバイダ名指定(デフォルトprovider)、動的DNS利用、認証プロトコルPAP、ユーザー名em、パスワードem、モデムポート速度(115200のままにした)、ダイヤル方式Tone、電話番号*99#、モデムポートを手動で入力(/dev/rfcomm0)。プロバイダ名がデフォルトのproviderのままにしたので、/etc/ppp/peersと/etc/chatscriptsにファイルproviderができた。

/etc/chatscripts/providerに追加の初期化ATコマンドを追記する。「OK-AT-OK "ATDT*99#"」の前に次の行を追記。

OK AT+CGDCONT=1,"IP","emb.ne.jp"

先に書いたように、S11HTのレジストリにコマンドを設定しているはずだが、ここにも書いておかないと接続できなかった。

3. 接続

$ sudo pon <プロバイダ名>

S11HTのアプリケーションですでにデータ接続していると接続できないので注意。俺はメールを定期的にチェックしているので、たまたまかち合って接続できないことがあった。

追記(2009.11.15)

Ubuntu9.10でもうまくいった

Tags: Ubuntu S11HT
takemizu blog:ubuntu bt-dun (2008.09.21 11:14)

アンゴル=モアエロ画像STABO索具 - UbuntuとS11HTのBT-DUN...

ビジネスオープンソース研究室:悪い癖が (2008.10.02 04:52)

更新があいてしまいました、なるべく毎日と思っていましたが、
私の悪い癖が出て寄り道しておりました。

ことの発端は、ちょうどVmwareServer2祟..