アンゴル=モアでSTABO索具

«前の日記(2009.12.13) 最新 次の日記(2009.12.15)» 編集

2009.12.14

+ 小沢や鳩山のまさに昭和の自民党みたいな権力構造にはうんざりしてんだけど

たぶん小沢が反論するならこの筋だろうとは思っていたが、実際に目にするとひでえな。

民主党の小沢一郎幹事長は14日の記者会見で、15日予定の天皇陛下と中国の習近平国家副主席による会見を政治利用と批判した羽毛田信吾宮内庁長官について「内閣の一部局の一役人が内閣の方針、内閣の決定に記者会見をして、方針をどうだこうだと言うのは日本国憲法の精神、理念を理解していない。どうしても言うなら辞表を提出した後にやるべきだ」と反論した。会見の1カ月前までに申請するルールに関しても「宮内庁の役人がつくったから金科玉条で絶対だなんてそんなバカなことあるか」と述べた。

小沢氏は「天皇の国事行為は国民が選んだ内閣の助言と承認によって行われる。それが日本国憲法の理念であり、本旨である。それを政治利用といったら何もできなくなる」と強調。「天皇陛下のお体がすぐれないというのならば、それよりも優位性の低い行事はお休みになればいいことじゃないか」とも語った。

[NIKKEI NET(日経ネット):小沢氏、宮内庁長官「反対なら辞表を」 天皇陛下・中国副主席会見より引用]

外国要人との会見は内閣の助言と承認によって行われるとはいえ、何が政治利用で何がそうでないかの線引きは難しい。そういった状況で、慣例とは、特に正当性はなくとも、具体化された線引きの一つとして尊重されていい。なしにしたいのなら、始めから正々堂々、慣例の意味を問えばいいし、「中国にかぎらず他国からも以前から要望されてた」とか言って一ヶ月でなく二週間にするというように慣例の形を残したまま変更するやり方でもそれほど波風立たないように思うけれど、その方が難しいのだろうか。こういうところで、他人に説明できずにごり押ししているように見えるのがいかにも小沢って感じ。

そもそも、鳩山首相ならまだしも、閣外にいる、一政党の幹事長に過ぎない小沢が語っていることに萎える。鳩山は鳩山でこんなこと言っているらしいし。

鳩山由紀夫首相は14日午前、同日から来日する中国の習近平国家副主席と天皇陛下の会見を特例で実現させたことについて「天皇陛下のお体が一番大事だが、その中で許す限りお会いになっていただく。日中関係をさらに未来的に発展させるために大変大きな意味があると思うから、判断は間違っていなかった」と強調した。首相公邸前で記者団に語った。

外国要人と天皇陛下の会見は1カ月以上前に外務省が宮内庁に要請するルールの特例になったことに、政府や与野党から「今からでもやめた方がいい」との批判が出ている。首相は「いろんな声はあると思うが、あまりしゃくし定規に考えるよりも、本当に大事な方であれば、若干の変更があっても(いい)」と繰り返した。

[NIKKEI NET(日経ネット):「判断間違ってない」 天皇陛下と中国副主席の会見で首相より引用]

この言い訳では、変更を行う基準が今後問われると思うのだが。各国が次々に会見を求めてきたら、どうするのだろう。「なんで中国はよくてウチは駄目なの?ああいいよいいよ判ってるよ、ウチは別にたいしたことないもんねえ」とか、俺みたいにネチネチ言う奴いるかな。

ちなみに羽毛田宮内庁長官の発言要旨。

しかし、中国副主席との会見の申し出が1か月を切った段階(11月26日)で外務省から宮内庁に内々にあり、ルールに照らして(翌27日に)応じかねるとの回答をした。外務省も了承していたのだが、その後(12月7日に)官房長官から、ルールは理解するが日中関係の重要性にかんがみ、内閣としてぜひ会見をお願いするという話があった。私としては、1か月というのは事務的に作ったルールにすぎないとの考え方もあるが、陛下をお守りするため政府内で重視されてきたルールであり、国の大小や政治的に重要な国であるかどうかにかかわらず尊重してほしいと申し上げた。

しかし再度、総理の指示ということで(12月10日に)話があり、大変、異例ではあるが、曲げて陛下に会見をお願いした。

陛下の国際親善の活動は、政府の行う外交とは次元を異にしている。相手国の政治的重要性とか、国の大小とか、関係なく行われてきた。憲法下における天皇陛下の務めや役割という基本的なあり方にもかかわる。今回のことはルールの理念と整合性が取れないし、残念なことをせざるを得なくなった。陛下を政治懸案の打開役にとなったら、今の憲法下での陛下のなさりようと大きく狂うことになる。

[羽毛田宮内庁長官の説明要旨…「特例会見」 : 政治 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)より引用]

Tags: ほげ