アンゴル=モアでSTABO索具

«前の日記(2009.12.15) 最新 次の日記(2009.12.17)» 編集

2009.12.16

+ 汚物に耐える

俺、まだ小沢の記者会見、全部見ていないんだけど。

小沢氏は、「天皇陛下ご自身に聞いてみたら『会いましょう』と必ずおっしゃると思う」とも語った。天皇の判断に言及することも不見識と言わざるを得ない。

[小沢氏記者会見 不穏当きわまる辞表提出発言 : 社説・コラム : YOMIURI ONLINE(読売新聞)より引用]

自説の補強のために天皇の胸中を忖度してみせる。これがぺーぺーでなく、長年、政治家をやってきた政界の有力者だというのだから、昭和史の教訓とは何だったのかと思わざるをえない。

それにしても、この民主党政権の見識のなさはすごいな。事業仕分けの文革発言なんて、まだかわいいもんだった。見識がない、なんて迂闊に書いてしまったが、そういう俺自身、あやしいもんである。つまり、しょせん政治指導者の質は国民に見合ったものにすぎないという言葉となって返ってくるわけで、事態を耐え忍ばなければならないのはいままでと同様であると言えば、その通りである。しかし、正直なところ、言葉が軽いなあと感じてきたここ十年の政権を凌駕する政権が、ここで出てくるとは思わなかった。

Tags: ほげ