アンゴル=モアでSTABO索具

最新 追記

2017.03.04

+ 無題

販売が終わるという噂のある、ニッカピュアモルトブラックを確保。扱っている店に行ったらぎりぎり残っていたが、買い占めはしなかった。普段の減り方見てると固定ファンいそうだったから、相身互いということで。

そもそもニッカというと、限定商品だったはずのブラックニッカブレンダーズスピリットが、今月末に再び販売されるという謎の展開があるわけだ。ピュアモルトブラックの販売終了がその影響かどうかは判らないが、ブレンダーズスピリットの再販自体は歓迎したい。出荷本数のわりにあっという間に店頭から消えて、もう少し買っとけばよかったと思っていた。

ニッカの出荷の不安定さがまだ続いているということなんだろうけれども、安めのラインってすぐに買えるからいいのに、確保のためにお金を使わざるを得ないって本末転倒感ハンパない。


2017.03.10

+ 抹茶と柚子のパン

二月いっぱいで終わってしまったようだが、抹茶と柚子のパンがとてもおいしかった。

毎年、この時期に出るゆずのパンはハード系のパン。抹茶と柚子のパンは、デリス・ブランみたいに表面も中もやわらかいパン。抹茶の風味が効いていて、それに酸味のある柚子の甘さが加わり、生地のやわらかさと相まって口全体に広がっていくというたまらない食べ心地であった。ただ、このパン、見た目が悪いんだよな。ハード系のパンのようなクープの立体感がないのは仕方ないとして、茶色の表面のところどころに抹茶の緑が覗く色合いがいまひとつ。俺はゆずのパンが大好きなので、はじめはかなりがっかりして口にしたのだが、しかし、食べてみると、近年最高の驚きが待っていたのであった。毎回買っちゃったよ。

今年の冬は、いつものように年末まで復活していたデリス・ペカンにつづいて、この抹茶と柚子のパンがあったので、たいへんおいしゅうございました。


2017.03.12

+ 無題

カズゴールでひとしきり喜んだあと動画が止まって、試合終了までSOUND ONLYになるDAZN。どういうことですかこれは。やたら中里が褒められていて、試合内容はなんとなく想像できるが、脳内補完するにも限度がある。


2017.03.13

+ 無題

BBCの番組で、大学教授が韓国情勢について解説している最中に子供たちが乱入して世界をほっこりさせたニュースがあった。動画で見かけて、妻と「シッターwww」「マジウケるwww」と爆笑し、その後、どうもベビーシッターでなく、教授の妻らしいと判って、さらに爆笑したのであった。だってさ、ベビーシッターだったら「ちゃんと仕事しろ」ってあとで教授に怒られたかもしれないとの一抹の懸念がよぎってしまうけど、奥さんだったら、ちょっと派手とはいえ、育児あるある話に収まるしね。

と、ほっこりしていたら、こんな話が。

BBCの取材中に子供が……なぜアジア人女性を乳母だと大勢が思い込んだのか - BBCニュース

ハア?って感じ。BBCが生中継でインタビューするんだからイギリスの大学の教授→白人教授で、教授の子供の見た目も白人で、子供を連れ戻しに飛び込んできた若い女性は見た目アジア系なので血縁関係ないかも→学生バイトのベビーシッター、もしかして教授がバイト代わりに頼んだ知り合いの学生、院生かも、との連想の方が自然だろ。もちろんこの連想は背景情報にいろいろ思い込みがあるために穴があって、ロバート・ケリー助教授が釜山の大学の先生だと知っていれば、また違ったものになっていただろう。でも、ちょっとしたおもしろ動画でいちいち調べないし、BBCが何しゃべっているかすら聞こうとしなかったよ(聞き取れない、が正しい)。

人種への偏見の現れだとするリンク先の記事を見て、むしろ別のことに気づいた。欧米で一括りにしていいかは判らないが、こんなんでもいちいち政治的正しさについて説教されるのなら、たしかにトランプに投票することを公言しない人間は多そうだな、ということ。


2017.03.18

+ 無題

J3第2節の沼津-福島を見る。沼津に左サイド攻められていた前半の時間帯、よく耐えてた。後半の失点シーンはいただけないが、それ以外、守備はさほど破綻せずによい出来。今年の福島はけっこうよいかも。1G1A(かな?)の星広太は弟に続いて個人昇格しそうな勢い。


2017.03.19

+ 無題

今日はJ2第4節の岐阜-横浜FCで、横浜が2-1で逆転勝ち。岐阜は、PKで先制した後の時間帯を除いてダメなパスサッカーの典型だったとはいえ、きっちり逆転できた。特に野崎のゴールに至る二点目の崩しがすばらしい。今日は鄭充根と野村が抜けたが、あとは謙介、中里のボランチ二人に、イバ、ヨンアピンあたりを欠いたときにどう戦えるか。鄭充根の代わりに右に入った寺田が精彩を欠いていたのが気になるけど、やはり今年は強い。

+ 無題

いま知ったんだが、すげえ話だった。

40人分の給食で70人 定員外無許可保育 姫路の私立こども園、認定取り消しへ(1/2ページ) - 産経WEST

神戸新聞NEXT|社会|給食のおかずスプーン1杯 姫路の子ども園

市などによると、施設の面積などから算定された同園の定員は46人。だが、園内には0~5歳の約70人がひしめいていた。

特別監査があった日、同園が外部発注した給食は42人分。おかずを取り分けたが、0、1歳児にはスプーン1杯分しか行き渡らなかったという。

給食の不足は常態化し、土曜日に限っては10食のみに固定し、これを園児40人前後に分配。おやつは午後1回だけで、4、5歳児は「ビスケット3枚」もしくは「かっぱえびせん6本」に制限した。

余った給食は冷凍保存し、足りない日に解凍して提供。1カ月以上過ぎても使うケースがあったという。

(中略)

小幡育子園長は神戸新聞の取材に対し、特別監査で指摘された項目を認め「(認定を受ける前の)認可外保育所だった時代の感覚で運営していた。プールしたお金は遊具購入などで園児に還元するつもりだった。認定こども園としての自覚が足りなかった」と謝罪した。

メシの部分だけ不正で、保護者への対応はきちんとしていたとすると、親はなかなか気付けないだろうね。保育園が保育状況をきちんと連絡帳に書いてよこすのは疑われないようにという面もあるだろうけれど、この保育園も良心の呵責みたいなのが保育士に生じないようにぎりぎり嘘はついていなかったのかもしれないな。たとえば、「完食した」のは事実で、単に元の量が少ないだけ、みたいな。小幡育子の策士ぶり、名前とともに覚えておこう。つーか、さりげなく認可外保育園の悪口言ってるけど、ほとんどの認可外はわんずまざー保育園よりちゃんとやってるだろうよ。

匿名の情報提供者は内部の保育士か、出入りの業者あたりか。認定取り消しだけで逃げ切れるかな。


2017.03.31

+ 無題

裁量労働*1である俺には縁のないプレミアムフライデー。二回目の今日は、世間を眺めるにすでになかったことになっているような。まあ年度末の最終日だし、って、そもそも期末、年度末が重なりやすい最終金曜日にした時点でこうなることは判っていたはず。

みな一斉に休むより、各自が自由に休める方が重要なのに、なんでこんな筋の悪い取り組みが始まってしまったのか。と先月はバカにしていたのだけれど、今日の様子を眺めていると、筋の悪い施策を骨抜きにするためにあえて最終金曜日にしたのかもしれんなとも思えてくる。来月はプレミアムフライデーというよりはGW感が強くなるだろうし。

*1 といっても裁量があるわけではない