アンゴル=モアでSTABO索具

«前の日記(2017.03.18) 最新 次の日記(2017.03.31)» 編集

2017.03.19

+ 無題

今日はJ2第4節の岐阜-横浜FCで、横浜が2-1で逆転勝ち。岐阜は、PKで先制した後の時間帯を除いてダメなパスサッカーの典型だったとはいえ、きっちり逆転できた。特に野崎のゴールに至る二点目の崩しがすばらしい。今日は鄭充根と野村が抜けたが、あとは謙介、中里のボランチ二人に、イバ、ヨンアピンあたりを欠いたときにどう戦えるか。鄭充根の代わりに右に入った寺田が精彩を欠いていたのが気になるけど、やはり今年は強い。

+ 無題

いま知ったんだが、すげえ話だった。

40人分の給食で70人 定員外無許可保育 姫路の私立こども園、認定取り消しへ(1/2ページ) - 産経WEST

神戸新聞NEXT|社会|給食のおかずスプーン1杯 姫路の子ども園

市などによると、施設の面積などから算定された同園の定員は46人。だが、園内には0~5歳の約70人がひしめいていた。

特別監査があった日、同園が外部発注した給食は42人分。おかずを取り分けたが、0、1歳児にはスプーン1杯分しか行き渡らなかったという。

給食の不足は常態化し、土曜日に限っては10食のみに固定し、これを園児40人前後に分配。おやつは午後1回だけで、4、5歳児は「ビスケット3枚」もしくは「かっぱえびせん6本」に制限した。

余った給食は冷凍保存し、足りない日に解凍して提供。1カ月以上過ぎても使うケースがあったという。

(中略)

小幡育子園長は神戸新聞の取材に対し、特別監査で指摘された項目を認め「(認定を受ける前の)認可外保育所だった時代の感覚で運営していた。プールしたお金は遊具購入などで園児に還元するつもりだった。認定こども園としての自覚が足りなかった」と謝罪した。

メシの部分だけ不正で、保護者への対応はきちんとしていたとすると、親はなかなか気付けないだろうね。保育園が保育状況をきちんと連絡帳に書いてよこすのは疑われないようにという面もあるだろうけれど、この保育園も良心の呵責みたいなのが保育士に生じないようにぎりぎり嘘はついていなかったのかもしれないな。たとえば、「完食した」のは事実で、単に元の量が少ないだけ、みたいな。小幡育子の策士ぶり、名前とともに覚えておこう。つーか、さりげなく認可外保育園の悪口言ってるけど、ほとんどの認可外はわんずまざー保育園よりちゃんとやってるだろうよ。

匿名の情報提供者は内部の保育士か、出入りの業者あたりか。認定取り消しだけで逃げ切れるかな。